1. HOME
  2. ブログ
  3. 花魁体験
  4. 弁才天の使い その名は白蛇‐ビャクダ‐

弁才天の使い その名は白蛇‐ビャクダ‐

ちょっぴり怖い京都の魔界巡り

ある年のある季節
とても大きな嵐が起こりました
海は大荒れ、陸を飲み込むほどの波しぶきみんなが恐れ慄いたのでした・・・
そんな嵐が去った翌朝

その国は突然現れたのです
海の真ん中にポンと現れたその国には
光輝く髪を持つそれは可愛い可愛い姫君がおられました
ちょっぴり怖い京都の魔界巡り

その国は少し変わっていて
街には女子と老人ばかり・・・
働き盛りの男たちの姿は見えません

謎めいたその国でしたが

またたく間に周りの国にはその姫君の噂が知れ渡り
国一番の美貌と称されその姫君にひと目逢おうと
毎日何人もの隣国の王様が求婚しに来るのでした・・・

ですが、翌日になるとその王たちは何も言わずひっそりと城を後にするのです・・・

こちらを振り返ることなく・・・
ただぼ~っと去るのです。

可愛い姫は時折何かにおびえているように小さく震え
笑顔も何処か寂しそうでした

月が一番高くキラキラと輝く子の刻

昼間は綺麗な姿だった姫が
月明かりに照らされ
姿を変えたのです

ちょっぴり怖い京都の魔界巡り
そう夜になると本当の姿・・・

白蛇に跋扈(バッコ)するのです

綺麗な女性の姿で男を引き寄せ
淫慾を満たしその心肝を食うために若い男性を攫う
ちょっぴり怖い京都の魔界巡り

それは自分が生き延びる為

自分の存在がバレないように男たちの心肝は喰らうのですが
魂を残したまま国へ帰すのですそう

それは自分の存在を知られない為・・・

その王たちが無事に国に変えれたのかは誰も知らない話・・・

国に男が居なかったのもこの白蛇-ビャクダ-の妖怪のせいだったのでしょう・・・

その国には男性が居なくなり、瞬く間の滅びてしまったのだとか・・・

この姫の生末もまた誰も知らない話・・・

若い男の心肝を喰らい、生き続けた白蛇は今もこの世界のどこかで生きているやもしれませんね・・・

 

な~んて、お綺麗なMiyu様に中国古代の四大民間伝説をもとにしたお話の主人公になって頂きました❖❖❖

いかがでした?
ちょっぴり怖い魔界巡りのお話。
普通なら、真実の愛に出会い人間の姿になるのでした。
なんてハッピーエンドなんですが、私の好きなのはバッドエンド。

でも安心してくださいね(*´∀`)
白蛇は日本ではとっても縁起のいい生き物なんですよ★★★
もともとは希少性から縁起のいい生き物とされ
弁財天の使いとして富をもたらすものとして有名な話だそうです。

また、白蛇伝という伝説がある中国でも
蛇は小龍といいお金を運び、長寿・生殖・財産・権利のシンボルと言われているそうです。

と、お得意の小説風のブログの筆者(*^^*)
メイクスタッフの横川です(笑)
保育園の時、移動動物園で来た蛇を首に巻いた事があります。
何故かは、めちゃめちゃ怖かった先生が巻きなさいと言ったから
断れなかっただけです٩( ⺤◊⺤)۶

さて、美しきMiyu様御本人のお話に変えますね(*´艸`*)

一番初めに載せたお写真は「心-花雫-」で白蛇を体験する前日嵐山のSTUDIO心でマーメイドプランをご体験下さいました。
もともとピンクベージュの可愛い髪の女の子でしたが
マーメイドプランではと~~~ても可愛い人魚姫に変身されました٩(๑´3`๑)۶
マーメイドと白蛇の違いは本当に驚きますよねΣ(゚∀゚ノ)ノ

実はマーメイドプランも白蛇プランもなんとお姉さまのご要望!!
妹にこのプランをしてほしい!!!ということで連れてきて下さったそうです♪♪♪

祇園店ではメイクルームでメイクの色は〇〇で
口の色は〇〇、人外的な昨日とは全く違う様に仕上げて下さい!!

と、ご本人と相談というよりも
『プロデューサー(お姉様)どうしましょうか?』と相談しながら今回のビャクダが完成しました((笑)
お姉さんもご本人の Miyu様も 私も大満足の
真夏の魔界巡り 白蛇‐ビャクダ‐プランなのでした♪♪♪
ちょっぴり怖い京都の魔界巡り

花雫の魔界巡りは9月末まで行っておりますので、もし興味のある方は是非期間内にご検討下さいませ✡✡✡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白蛇伝のような今回のお話
夏の熱帯夜・・・
すぅ~と風が部屋に入り込む時、
美しき女性に変装した白蛇様は
あなたの近くにいるかも知れませんよ・・・

ちょっぴり怖い京都の魔界巡り

関連記事

スタッフブログ

ブログ最新記事